家族葬を知る

家族葬をおこなう側の対応とお悔やみ状

家族葬の場合、家族がどういった対応を考えているのかを知ることが大切です。基本として、家族葬の場合は事前に知らせないことが多いです。訃報を知られてしまうと、その分対応が増えることになるからです。香典をお断りすることになりますし、家族葬を理解しない方への説明も必要になります。時間も取られることになるため、後で知らせた方がメリットが多いです。だからこそ、参列する側であっても、情報は外に漏らさないことが大切です。

家族は、お葬式が終わった後にお詫び状などのかたちで訃報を報告することになるでしょう。この時に亡くなったことを知るのが本来の流れであることを覚えておかなければいけません。勤務先などには、どうしても知らせなければいけないこともあり、家族葬として行なう旨が連絡されます。その時に近親者のみで行なうことが伝えられることになります。その場合でもお葬式の時間や内容は明示しないようにお願いされるはずです。他の人に伝われば混乱することもあるため、話しを受け取ったときには外部に伝えないようにするとともに、家族の意向を守ることが必要です。

また、後日弔問できないようなときも出てくるでしょう。訃報を知らず、後から何かで知ってしまっても、距離があって伺えないことは珍しいことではありません。その時には、お悔やみ状を送るのが一番です。訃報を知らなかったことをお詫びしておくだけでも、気持ちは十分伝わります。このようにできるだけ遺族に負担がかからない方法を考えることが大切です。