家族葬を知る

家族葬と香典の扱い

もし仮に、家族葬をおこなうことを知ったときに、何もしないのか、それとも香典だけでも届けるのかといった選択肢に迷うこともあるでしょう。この選択は、どちらの立場から考えるのかで難しい部分ではありますが、家族葬としておこなわれるときには、できるだけ対応することなどは避けたいと考えている場合がほとんどです。その場所に香典をおくるという状況を考えてみる必要があるでしょう。香典をおくられた場合、受け取るだけなら簡単ですが、返礼を考えなければいけなくなります。特にすべての方に香典もお断りするとしている場合には、無理におくるのは大変迷惑です。遺族の気持ちを考えて行動することが必要となってくるため、そういった場合は香典も避けることが必要になります。

仮に、香典辞退が明示されていない場合でも、香典は送らないでおくのが基本となってくるでしょう。やはり、香典返しを準備しなければならなくなることで、せっかくの時間を使えなくなってしまいます。家族で送り出してあげたいという貴重な時間となってくるのですから、余計な配慮をしないようにすることが必要です。

あとから訃報を知ったときが一番問題になってきます。香典を送るかどうか判断に迷うところになるでしょう。基本としては、家族の意向によるというところになります。家族に香典をお持ちしたいといった旨を伝え、判断を仰いでしまうのが一番です。遠慮された場合には、余計なことはしないのが正しい対応です。できるだけ負担を増やさないことが大切になってきますので、供物程度に収めることが必要になるでしょう。