家族葬を知る

家族葬に弔電は送れるか

家族葬は、原則参列は不可と考えておけば間違いありません。しかし、訃報が来た時にどうするのかを考えてみる必要があります。まず、故人と親しい関係であったとしても斎場や時間が記載されていなければ、これは参列するべきではありません。いろいろと情報を調べることもできますが、その必要もないことを理解するべきです。ところが、斎場などの情報が記載されているときにどうするかが問題です。この場合には、弔電だけ送るというのが一般的ですが、明確ではないため、弔電を送っても問題ないか喪主に問い合わせるのがいいでしょう。

弔電のあり方として考えた場合、返礼品が発生しないところも重要です。喪主に問い合わせた時に問題がなければ、精神的にも肉体的にも負担を掛けさせずに済むものになるのは、大きな意味をもちます。花や香典といったものは返礼の負担が生じるので、遺族にとって負担になることもあります。

明確に参列のお願いが書かれている場合には、特に親しい人と考えられている証拠です。電話などで連絡がくるのが一般的ですが、この場合には家族葬であっても遠慮せずに参列しても問題ありません。会社などを休む場合には、事情を話して拡散しないようにしてもらうことも必要です。他の人には参列の旨を伝えていない可能性もあるので、事情を知られないように行動する必要があります。家族葬の場合、参列する方を少人数にしてより負担の少ないお葬式にしようと考える方も多いので、そのことに配慮して参列することが大切です。