こんにちは。ブライダルオフィス幸の仲人士あげまつまさともです。

週末にいい縁はありましたでしょうか?

僕は趣味のサッカーで最近勝てていないので、何とか勝利をと思いましたが、土曜日の試合でまたしても負けてしまいました。

残念です。まあ、勝つ時もあれば負ける時もあるので、次に期待します(笑)

 

ところで、お見合いの時によくある失敗の一つが相手を質問攻めしてしまうことです。

プロフィールだけではわからないことも多いので、相手の事を知るために質問をします。

当然、必要なことですが、やり過ぎては逆効果になります。

 

例えば、

☆「休みの日は何して過ごしてますか?」

♦「趣味のスポーツをしています。」

☆「他には何をしてますか?」

♦「ドライブとか読書です。」

☆「料理はしますか?」

♦「たまにしますけど、ほとんど外食です。」

☆「仕事は残業とか多いんですか?」

♦「毎日1~2時間は少なくともありますね。」

 

というように、一見会話が続いているような気がしますが、これでは尋問か面接をされているような感じがして答えている方はシンドクなりますね。聞いている方は、相手の事を知りたい、自分に合う人なのかを確認したいという意識が強く出てしまってます。

 

お見合いというのは、相手のことを知ることも大切ですが、自分のことを知ってもらうことも大事なのです。上記のように質問攻めをしてしまう方の特徴としては、相手の事は知りたいけど、自分のことはあまり聞かれたくないと思っていたりします。

自分のことしか考えていない人です。自分の条件にさえあえばよくて、交際や成婚になるには自分に決定権があると思っている人に多くみうけられます。

 

せっかく、お互いに時間を作ってお会いするのですから、その先に繋がっても繋がらなくても気持ちよく過ごしたいですよね。

 

上記の質問でいえば、

☆「休みの日は何して過ごしてますか?」

♦「趣味のスポーツをしています。」

☆「何のスポーツをされているんですか?」

♦「サッカーをしてます。」

☆「そうなんですね~。私もたまに見に行ったりしますけど、○○さんもよく見に行かれるんですか?」

 

と一つに質問に対して広げていき、自分の事も伝えていけば、会話になっていきます。

同じ質問でも、やみくもに質問をされるのと、話を広げながら質問されるのでは受けるほうの印象が全く異なります。

つい、話をしなくちゃいけないと思って、無理矢理質問しなくてもいいんです。

 

お見合いの時の会話マニュアルはありませんが、つながりのない質問攻めは効果的ではありません。

お見合いは組めているけど、その先の交際になかなか繋がらないという方、一度、振り返ってみてはいかがでしょうか?

反省するのではなく、気づくだけで次から意識できます。

 

縁があるので、お見合いでお会いしています。

是非、その縁が良縁につながるといいですね。