家族葬を知る

家族葬を知る

お葬式のかたちもいろいろなものができるようになり、それぞれ対応していかなければいけなくなってきました。お葬式はどれでも同じというわけではなくなってきているからです。通夜とお葬式が二日間にわたって行なわれる場合、どうしてもお葬式に参列する時間がなければ、通夜のみに参列させていただくといった方法をとることができました。しかし現在では通夜を省いたお葬式もあるため、これまで通りの対応ができなくなることもあります。家族葬としておこなわれることを知ったときに、どうやって対応するのかを考えておかなければいけないでしょう。

家族葬のことをどこまで知っているのかということが重要です。知識として持っていなければ、必ず対応に迷うことになるでしょう。これまでおこなわれてきたお葬式とは、意味が異なってくるからです。一般的なお葬式で言えば、参列するかどうかは、参列者のほうに選択肢がありました。招待されることもありますが、訃報を知った段階で参列するかどうかを検討してきたはずです。ところが、家族葬になるとそうはいきません。選択するのは喪主のほうになるからです。この点を勘違いすると、迷惑をかけてしまうことになりますし、自分も恥をかくことになるかもしれません。

密葬と勘違いしやすいこともありますが、全く異なるものです。密葬は、家族葬のようにコンパクトにまとめてお葬式をおこないますし、家族以外の参列をお断りしますが、代わりに本葬をおこなうところがポイントです。ところが、家族葬では家族・近親者といった人だけがお葬式に参列し、後で本葬をおこなうようなことはありません。一般的なかたちをそのまま小さくしたものと考えればわかりやすくなるでしょう。そのため、訃報は先に流さないことが多いです。お葬式が終わってからお知らせすることになります。偶然に訃報を知ってしまったときに、どういった対応をするのかが求められることにもなるでしょう。

家族葬は、基本的に家族や親族以外参列するものではありません。友人でも知人であっても同じことです。亡くなってしまったことを知ったとしても、家族葬であるというのであれば、原則参列しない方向で行かなければいけません。参列してもいいかではなく、参列しないというところが重要になってきます。どんなに親しかったとしても、家族葬を選択したことに対して敬意を払うとともに、のちに落ち着いた頃を見計らって弔問させていただくという形をとるのが一般的です。家族葬について知らなければ、こうした対応もできなくなります。現代社会では数多くおこなわれているため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お知らせ